無料会計ソフトの選定は時間をかけて

起業ブームで法人を設立した場合は、会計年度毎に決算を行い利益計算を行います。しかし個人事業主の場合は会計年度ではなく、毎年1月1日から12月31日までの仕事の取引など記録、決算を行い翌年2月中旬から3月中旬までの間に確定申告を行います。個人事業主は法人の設立と違い税務署に届出を出せば開業できるため敷居が低く、副業で業務を始める人が個人事業主としてスタートすることが多いようです。

事業をスタートすると会計ソフトが必要となりますが、最近は無料の会計ソフトから使用をはじめ必要に応じてオプションを購入、あるいは会計ソフトをランクアップさせていくことが出来るようになりました。


無料の会計ソフトのほとんどがクラウド型となっており、基本的な使用方法では無料、その他の処理、例えば取引先に請求書を作成し送付、請求書が先方で決済、口座に入金がされたらメールでお知らせしてくれるというオプションサービスもあります。

請求書の送付が郵送の場合は手数料が●●円、などとユーザー登録を行う前に確認することが出来ます。



もし起業したばかりで初めての確定申告という場合は、会計ソフトを選ぶ、使い方を学ぶということで複数のソフトを使用してみて一番使いやすいソフトを選ぶようにしたいものです。

エキサイトニュース情報を厳選して紹介しています。

しかし、確定申告まで時間がない、などの場合は口コミサイトなどで情報が充実しているソフトを使用してみて、確定申告後に改めてソフトの選定を行うようにすればいいでしょう。

一つ上の無料の会計ソフトに対する期待が寄せられています。

起業する時期にもよりますが、あまりギリギリになってからソフトを選定しようとしても時間に追われてしまい考える時間がないというのが実情でしょう。

割り切って考えて自分の業務遂行に役立つソフトはじっくり選ぶようにしましょう。