マイナンバーを収集する理由

subpage01

マイナンバーは日本中の人に配布されていますが職場で一度収集されるというケースがほとんどです。


それはマイナンバーを用いて戸籍情報や確定申告をするためです。

マイナンバーは一人一人にシリアルナンバーが与えられるためそれを収集すると情報を得たり処理する際に非常に多くの工程を省くことが可能となります。



また集められたマイナンバーは厳重な管理のもと扱われています。


またその多くはあくまで一時的に受け取り処理が終わったのちに返却されるケースがほとんどです。

マイナンバーに含まれる情報には個人情報の非常に重要な内容まで含まれているため漏洩がないように各企業にて様々な取り組みがされています。

また企業に就職するうえで収集を断ることはほぼできないことからも安心して預けることが出来るように細心の注意が払われています。



また企業側のみならず収集してもらうことで本人側にも受けることが出来るメリットも存在しています。
保険や保証などがその例となります。
導入されてから間もないため抵抗や不安を覚える方も多いという現状があります。しかし新しい取り組みは初めは懸念されますが時期にその利便性と安全性の保障が認められて利用されていくことが多いです。



また与えられるシリアルナンバーも一人一人違うため間違えるというリスクもありません。

そのため収集の声がかかっても拒否したり抵抗せず一度受け入れて互いに与えられるメリットを得るということも大切です。