マイナンバーの収集はアウトソーシングに任せてみよう

subpage01

個人を識別できるマイナンバーは、通常の個人情報よりも重要な国民番号であり、その収集時には定められた手続きを守る必要があります。
本人確認としての顔写真付きの公的な身分証明書と、さらにマイナンバーの通知書の確認が義務づけられており、これだけでも収集の担当者にとって大きな負担です。
日本の企業は、年末調整などの個人的な書類であっても部署内で誰かが集めて、まとめて総務部に持っていく傾向にあり、厳格に管理しなければいけないマイナンバーとの相性が悪いケースが多く見られます。
違反によって外部へ流出した場合は行政処分を下される可能性すらあるので、信用を守るために適切な取り扱いができる外部へのアウトソーシングに任せる企業が増加中です。

マイナンバーの収集を専門に請け負っている業者では、担当者以外は情報を物理的に閲覧できない環境という大企業並みの管理が行われており、専門のオペレーターによる収集時の説明といった関連業務も併せて実施してくれます。

つまり、アウトソーシングによってマイナンバーの担当部署である人事部の負担を大きく軽減できるメリットがあり、常に法令順守の状態でビジネスを進められます。



取引先やアルバイト等の非正規労働者についても適切に収集しなければいけないので、アウトソーシングによって切り分けておき、余計なコストの増大を予防してみましょう。



少人数の企業であるほどメリットが大きく、改めてサーバーの導入などを行う必要がなくなります。